手裏剣について

年末に頂いた信州産そば粉で、蕎麦を打った。

漫画「深夜食堂」の7巻だか、8巻だかに載っていた‘コロッケそば‘を作ってみた。

温かい蕎麦にコロッケを乗っけると、美味いんだそうで。

画像


漫画の中では「蕎麦に色々と乗っけてみたが、コロッケが一番!」ということになっている。

蕎麦の汁を吸ったコロッケは美味いと言えば、美味いが・・・・・・

普通に野菜天を乗っけた方が、美味いんじゃないのか?

まぁ、いい。

今週の定休日、いつもどおり午前中は手裏剣の稽古へ出かけた。

今回はいつもの棒手裏剣に加え、伊賀忍者のお友達‘西村さん‘に頂いた車手裏剣の試し打ちがしたかった。

画像


手裏剣の先端と刃を研ぎ上げて、良く刺さるようにしてみた。卍形の手裏剣は刺さるのか?こんな形状にする必要があったのか?興味は尽きない。

余談ですが、この車手裏剣が銃刀法などに抵触しないのか聞いてはみた、警察の方に。

「微妙~」が第一声。剣体、刃長など細かな規則があるらしく、詳しく調べないと分からないらしい。そうだろう、そもそもこんな相談が今まであったのか?っか、聞かない方が良かった?

が、微妙ということは、かなりグレーな線なんだろう、こっそり使おう。

で、コッソリ実験した結果、十字形の手裏剣は当然ながら良く刺さる。

画像


卍形のはと言うと・・・・十字形に比べると刺さりは悪いが、刺さった時の刺さり方がエグい。

画像のとおり、食い込むというのか。真っ直ぐに引張つても抜けないんである。

画像


刺さり方がかなりいやらしい。

夕方、空手の稽古中に後輩のタケダ君に「なんで、手裏剣してるんすか?」と聞かれる。

私の趣味は空手、読書、映画、筆ペン習字、蕎麦打ち、アニメ、仕事は自営業。要するに一人が好きなんである、手裏剣は相手は無く、向かうは標的のみ。しかも稽古者は私が一人、これ以上、私の趣向に合致するもんがあろうか。

しかし、手裏剣の流派もこのまま廃れていくのは、あまりに寂しい。誰かいませんかね?

ちなみに車手裏剣は全国大会が伊賀であります。来年の参加に向けていかがでしょうか?お問い合わせは弊店まで。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック