定点観測365

アクセスカウンタ

zoom RSS 休日の予定

<<   作成日時 : 2014/07/04 10:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

明日、7月5日より「第20回 宮崎映画祭」がはじまる。

画像


20回も続いていると、私にとって夏のというより梅雨の風物詩であり「雨だし、映画祭に行こっ!」ってのが毎年の楽しみになっている。

弊店カウンターの常連O野さんは第1回から5回まで同映画祭の実行委員長であった。

O野さん曰く「あれから20年かよ〜」と嘆息される。

全くである。

20年前、O野さんは63歳、私は29歳・・・当たり前の計算ながら、怖い。

20年の年月を怖いと感じるのは私と同年輩くらいからではなかろうか?

現在の年齢から差し引けば20〜30代、足せば60〜70代、やはり怖い。

若者にはこの怖さが理解しずらいかもしれんが、例えればジェットコースターで斜面を登りながら眼下を見ながら「こんな高いところまで・・・・怖いわね」っていう怖いと、実際斜面を下りながら「怖ぇ〜〜〜〜〜っ」っていう怖いの違いだろうか。

斜面を下るジェットコースター、心臓を後方に残しながら体は真っ逆さまに落ちていく。

そんな怪談はおいといて、次の定休日である。

いつもの定休日は午前中に手裏剣、夕方から空手であるが、そこに映画祭、さらに海開きも済み海水浴も可能となった。

すべてを一日に組み込みたい。

手裏剣の稽古、その後海水浴で汗を流し、さっぱりして冷房の効いた映画館へ、そして空手の稽古と行きたいんだが、映画祭のプログラムが頭を悩ませる。

「少女は自転車にのって」 サウジアラビア映画12時半から上映、これを見ようと思えば海水浴は無理。

「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区」14時半から これも海水浴が消える。

「ビフォアミッドナイト」 終了時刻が18時半、空手に遅刻する。以前は決して見なかった恋愛ものなんかも、脂ぎったオヤジ化が進み、そんなもんとトンッと縁が無くなった途端に映画館の暗がりで泣きながら見るようになった。

「AKIRA」 19時から上映、これを見ようと思えば空手は没になる。言わずと知れた大友克洋の原作、監督のアニメである。

映画祭は5日から13日まで毎日やっているんだけれど、私が行けるのは今度の月曜のみ。

どうする。

ちなみに「少女は自転車にのって」の紹介動画を貼り付けてみた。


こんな悩みを抱えるのも映画祭の楽しみの一つ、どうしよう。

ちなみに弊店にて前売り券を販売致しております。ご連絡いただければ確保しておきますのでどうぞ。

料金は1作品鑑賞が1000円、全作品鑑賞できるフリー券は3000円です。

・・・・・・でも海にも行きたい。

どうしよう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
休日の予定 定点観測365/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる